本当に平気?ZIGENをアトピーの人が使っても大丈夫??

子供の頃に治ったと思っていたアトピーが、社会人になったら復活したという話はよく聞きます。また、初めて社会人になる20代ではストレスやら残業やらでアトピーが更に悪化するということもあります。

 

 

A「俺もそうだった!子供の時とは違う場所が痒くなったりするんだよ!それで医者に行くと“ストレスです”って言われるんだよ・・・。」
B「ストレスのアトピーって難しいよね。」

 

 

アトピーが再度出現してきたり、悪化し始めた時に使っていただきたいスキンケア用品こそ、ZIGENオールインワンジェルです。

 

 

アトピーにZIGENがおすすめな訳

アトピー体質の方は、肌バリアが通常よりも弱いので乾燥しがち。そのため、ちょっとした刺激でもすぐに荒れてしまいます。

 

 

ZIGEN がアトピーにおすすめする理由は2つ。「低刺激を徹底しているから」ということと「セラミドが配合してあるから」ということです。

 

 

A「痒い所かっさかさで白いんだよ!」
B「わかったよ!ZIGEN使ってみたら?」

 

 

低刺激を徹底しているから

ZIGENの成分には、肌を刺激する成分が含まれておりません。よくオールインワンに含まれている刺激成分には、香料や着色料、アルコールやパラベンが含まれていますよね。ZIGENに関してはこのような成分は配合していませんので、アトピーの荒れた肌につけた時でもヒリヒリすることは少ないです。

 

 

セラミドが配合してあるから

アトピーの一歩手前のサメ肌状態の人なら、セラミドをしっかりと塗ってあげれば完全に治ってしまうことがあるくらい、セラミドという成分は荒れた肌には優れた効果を発揮する潤い成分です。

 

 

そんなセラミドは、アトピーの方の肌にもしっかりと潤いを届けます。どうしてセラミドがこんなにアトピー体質の方に良いのかというと、油分や水分などの必要な潤い成分を抱えたまま肌の奥の細胞と細胞の間に入り込んでくれるので、外部からの刺激物が侵入しにくく、バリア機能を高めることが出来るからです。

 

 

ZIGENのセラミドにはヒト型セラミド1.3.6Uという3種類のセラミドが配合されています。この3種類についてはセラミドの中でも高保湿が出来るとして有名な成分です。

 

 

A「俺の肌が潤わない訳が分かりました。」
B「セラミドなかったんですね。」

 

セラミド以外の保湿成分

しかし、セラミドだけを肌の奥に入れていても潤いは蒸発していってしまいます。つまり、セラミドが逃げていかないような肌に蓋をする保湿成分もアトピー肌を潤すためには必要だということです。

 

 

ZIGENについては、セラミド以外にも潤い成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、肌を整えるために必要な必須アミノ酸を5種類、アミノ酸を10種類配合しています。

 

 

では、どの成分が一番肌に蓋をして潤いを閉じ込めてくれるのかというと、「コラーゲン」です。コラーゲンの場合、ナノ化しない限り粒子が大きいので肌の奥へは入り込めません。

 

 

ZIGENの成分を確認する限り、コラーゲンはナノ化されていませんので肌への浸透はされず、セラミドやヒアルロン酸といった潤い成分が肌から蒸発しないように蓋をする役割をしています。

 

 

つまり、セラミドの潤い成分が蒸発しにくい成分もちゃんと含まれているということです。

 

 

公式サイトを確認!

では、公式サイトではアトピー肌のヒトがZIGENを使用することを認めているのか確認してみると、公式サイトでも肌に異常が見られた時には医師に相談してくださいとあります。

 

 

つまり、公式サイトでもアトピー肌の人がZIGENを使用することを認めています。

 

 

ZIGENを使えば紫外線にも強くなる!

肌に刺激を与えず、セラミドや他の保湿成分を使って潤いを高めてくれるZIGENを使っていると、少しずつ肌状態が改善されます。そうなると、紫外線に浴びた時でも以前なら肌がジリジリと暑くて辛かったはずなのに、バリア機能が高まるため辛さが軽くなります。

 

 

そして、アトピーの赤み・紫外線の刺激による赤みなど、肌が刺激から悲鳴をあげているサインが少なくなり肌が落ち着きます。

 

↓ZIGENの詳しい詳細はこちらにまとめました
ZIGEN 口コミ