ZIGENがリニューアル?!旧ZIGENとの違いは?

ZIGENにリピーターが多いのは、使用者の生の声を聞き逃さないから。そのため、改善点があるときにはどんな小さなことでも改善するのがZIGENの良い所です。

 

 

そんなZIGENがリピーターの声を反映してリニューアルしました!変更点をご紹介いたします!

 

 

ZIGENのリニューアル点は全部で4つ!

 

新しくなったZIGENは、もちろん前よりも使いやすくなっています。変更点は、

  • ロゴ
  • パッケージの色
  • 蓋の形
  • パッケージ生産工場の変更

この4つです。

 

 

成分やテクスチャーなど、中身の変更は一切ないよ!


 

ロゴ

 

旧ZIGENのロゴの特徴は、ぱっと見「おぉ・・・」と圧倒されるほど「ZIGEN」の文字が大きく、パッケージの左右ギリギリにまで広がって最大限の大きさをアピールしていました。

 

 

しかも、バックが黒で文字が銀色だからすごいインパクト!

 

 

しかし、新しいZIGENではこの「ZIGEN」の文字が左右一杯に書かれているのではなく、少し小さめの文字に縮小されています。

 

 

そのため、圧迫感というか圧倒感というか・・・、そういうものがなくなり、品の良さが強調されるようになりました。

 

 

パッケージの色

 

ZIGENは洗顔とオールインワンを一緒に使用している方も多いですが、前は両方ともパッケージが黒色でした。

 

 

しかもZIGENの文字が大きかったのでどっちが洗顔でどっちがオールインワンなのかは正直判別しにくく、小さく書いてある文字を確認する必要がありました。

 

 

しかし、新しいZIGENでは、洗顔を白色にしてオールインワンジェルを黒色に変更しています。

 

 

そのため、いちいち文字で確認しなくてもすぐにどちらを使えば良いかが分かるようになりました。

 

 

洗顔するために顔を水に濡らしたままZIGENのパッケージの文字を確認するのは大変だったから、これはありがたい!


 

蓋の形

 

蓋の形も変更ありです!

 

 

どのように変わったのかというと、以前の蓋は楕円形になっていましたが、今回のZIGENは丸形にリニューアルされています。

 

 

一見、この変更点はどうでも良さそうに思うかもしれませんが、丸形の方が安定感があるのでこちらの方が中身が少なくなってきた時に倒れにくいというメリットがありますね。

 

 

パッケージの生産工場の変更

 

ZIGENは今まで注文が多すぎて生産が一時ストップすることがありました。

 

 

その原因は、中身が追いつかないのではなくパッケージの生産が追いつかないことが理由でした。

 

 

そのため、お客様を待たせないためにもパッケージの生産工場を変えて、大量に注文が来てもちゃんと納期までに届けられるようにしています。

 

 

以上が、ZIGENのリニューアル点になります。細かいことでもちゃんと商品に反映してくれる所はありがたいですね!

 

 

こういう改善をしてくれるから、ZIGENは今でも根強い人気がある。

 

↓ZIGENの詳しい詳細はこちらにまとめました
ZIGEN